キャンピングカー トレーラー 免許

スポンサーリンク

キャンピングカー トレーラー 免許

 

まず基本として、キャンピングカーの免許ですが、車両重量で運転できるかが決まります。

 

5トン未満の車両重量で、乗車定員10人以下が普通免許での限界で、重量、乗車定員どちらかが超えると中型免許が必要です。

 

ちなみに、法改正前に普通免許を所得している人であれば、現在は”5トン以下”が普通免許の上限ですが、

 

その普通免許ですと”8トン以下”になっています。(平成19年6月2日以前に免許を取った人)

 

免許証を見ると、中型車は中型車(8t)に限ると記載されています。

 

意外にもキャンピングカーは、普通免許で乗ることができるんですね。

 

キャンピングカーの世界で”トレーラー”といえば、牽引される独立型の客室車両のことで、アメリカなどではよくあるスタイルです。

 

箱型でベッドやダイニングテーブル、トイレやシャワー設備が揃ったもので、

 

利用するとき以外は駐車場で自動車と分離して保管できる車両ですね。

 

牽引車両で自走はできませんが、使わないときは自宅で書斎で利用する方もいるそうです。

 

この牽引車両は、総重量が750kg以下ならけん引免許は必要ありません。

 

750kg以上で2トン以下の場合は、けん引免許が必要になります。

 

2トン以下なら、「ライトトレーラー」ということで、運転免許試験場へ実車を持ち込んでの実地試験となるので、

 

 

試験場へ行くためには既にけん引免許を所得している方が、代わりにけん引して持ち込み、

 

試験場では受験者が牽引して試験を受けることになるので、知り合いなどにけん引免許を所得している方などに手伝ってもらう必要があります。

 

このけん引免許は、自動車運転免許と別に所得するものなので、

 

仮に普通免許保持者が、教習所で所得できる積載量5トン以上ものけん引免許を所得しても、

 

中型けん引自動車が必要な重被けん引車を扱えるわけではありません。

 

普通免許で所得できるのは、2トン以下の比較的軽量なトレーラーだけです。

 

しかしながら、1.2トンクラスのトレーラーでも、大きさは4人家族で充分な広さがあります。

スポンサーリンク