キャンピングカー トイレ 仕組み

スポンサーリンク

キャンピングカー トイレ 仕組み

 

まずはじめに、キャンピングカーで使えるトイレは非常に限られています。

 

緊急用のトイレという、災害用簡易トイレなどは使えそうな気がしますが、実はあれは汚物を特殊な薬剤で固めたり吸収材を使って固める方式が多いので、汚物は旅先で捨てることは出来ません。

 

キャンピングカーで使えるトイレとは、要するにセパレートで使用部分と汚物処理のためのタンクが分かれたものに限られます。

 

このタイプはポータブル式とカセット式の2種類があるのですが、ポータブルは四角い箱、よくある保冷キャリーとかああいう密閉式のもので、蓋を開けると便座になっており、用を済ませると便座横のボタンで便座の周りの水タンクから、わずかばかり水が流れるという方式です。

 

水洗とはいうものの、じゃんじゃん流れるわけではなく、ある程度水で流しやすくするという程度です。

 

 

水洗用のボタンは便座の後ろ側、座るとお尻の右側あたりに取り付けられているタイプが多いです。

 

本体にそのまま座って、便座直下にタンクがあるのですが、タンクを取り外し排出パイプに気をつけながら両手で持ち運ぶので、正直慣れていてもきつい作業になります。
この排出パイプが製品によってエルボーになっていたり、蓋を外していきなり内容物が出てくるタイプといろいろあるようです。

 

カセット式は、通常の水洗トイレと同じく使い慣れた方法で利用するので、操作はそれほど難しくもないのですが、旅行中にタンクに水を入れる際などが手間がかかるかもしれませんね。

 

通常の水洗式トイレと同じように便座の背後に水のタンクがあるものと、便座の横に水を入れるように口がついたものがあります。
カセット式は車外のハッチを開けて、タンクを取り出すのですが個々にものすごい臭いが溜まるそうで、取り付け取り外しはポータブルよりは楽ですが、それでも重量と重さと臭いで重労働なのは変わらないようです。

 

ユニットバスを想像してもらって、バスタブのないトイレだけのシステムと想像してもらえれば、わかりやすいかもしれません。
横に長いタンクでハッチから引っ張り出すので、処理は一番楽ですね。

 

車内に臭いが充満する可能性では、実はポータブルは密閉出来るタイプがあるので、そう言う意味ではカセット、ポータブルそれぞれで一長一短ですね。

 

スポンサーリンク