バンコン キャンピングカーの魅力

スポンサーリンク

バンコンって何なの?

バンコンとは、その名が示す通りバンやミニバンをベースに改造したタイプのキヤンピングカーのこと。
ハイエースやキャラバンなどのバンを改造したもの。ベースの車としては、トヨタの200系ハイエースがダントツのシェアをおさめていますが、日産のキャラバンもハイエースを意識し作られたふしがあるキャンピングカーのベース車として人気があります。

 

キャンピングカーと聞くとイメージするのはふつう、キャブコン(トラックの運転席部分(キャブ)をコンバージョンしたもの)ですよね。運転席の上に出っ張りがある見るからにキャンピングカーですというものがキャブコン。

 

バンコンは、キャブコンほど大げさではなく一見するとキャンピングカーとは分からない見た目や車高が高かすぎないので高速道路で大型トラックなどとすれ違ったときもキャブコンのように横揺れしないので安定した走りが魅力なところ、メンテナンスが気軽というのもいい。しかも立体駐車場にも入る高さのものもあり、日常生活でも無理なく使えるという点が最大の利点だ。

 

普段の生活、街乗りにも活用することを考えると使い勝手という点では、キャブコンよりもバンコンが人気。

 

そこでバンコンのキャンピングカーの購入を考えたとき、気になるのはオプションどんなオプションが必要になるかはキャンプスタイルや考え方にもよって違い、ビルダーによって標準的に装備されているものも違うので、必要なものを挙げていくとオプションだけで軽く100万円以上になるなんていうこともざら。

 

自分の予算と欲しい機能、求めるキャンプを両立できるモデルを探すためにも、何が標準装備されていて、何がオプションになるのかよく調べておくことが大切です。

スポンサーリンク