キャンピングカー トイレ 掃除

スポンサーリンク

キャンピングカー トイレ 掃除

 

キャンピングカーのトイレのメンテナンスですが、
これは自宅でやるのはまず無理ですね。

 

理由は非常に不衛生なものを、野外で洗うのは
どう考えても非常識だからです。

 

そうなると、タイミングは汚物処理をする場合の
タイミングしかありません。

 

基本的には、汚物処理に関しては日本では
「市民権」を得ることは難しく、汚物タンクを担いで
公衆トイレに駆け込む姿はまだまだ不審者扱いです。

 

タンクを水洗いして、野外で天日干しなんて不可能ですから、
基本的にタンクを洗うのは、汚物処理をする場所で
出来るかどうかにかかっています。

 

 

 

 

マンションなどでは、流石にタンクを持ってエレベーターに
乗るわけにも行きませんから、処理は旅先で
というのがほとんどのようですね。

 

よほどご理解のある住民がいらっしゃるのなら構いませんが、
基本的に管理人に通報されることは覚悟することになりますね。

 

カセット式などでは、使用中は洗浄液などで汚物の上部を
皮膜で覆っていますが、これが数日後ハッチから取り出す時は
かなりな覚悟が必要です。

 

旅先のトイレでも、まさか手洗い場でタンクは洗えないので、
多くの人は道の駅などの障害者用トイレを借りて
そこに設置してあるオストメイトなどを利用しているようですね。

 

 

これは、汚物処理のためにシャワーがついた
便座のないトイレですね。
結局のところ、そういった特殊な場所でないと
タンクなどのメンテナンスは不可能です。

 

 

自宅のトイレ掃除は、水をどんどん流しながら気軽にできますが、
キャンピングカーの場合はそれはそのまま重量となって
タンクに貯まるので、効率上それほど多くの水は使えません。

 

公共の施設を使うことに抵抗を感じる人も多いようですが、
日本のキャンピング事情はそういうもので、道の駅で
キャンピングカー専用施設を持ったところの少なさを見ても
よくわかるように、車中泊で何度も同じ公共トイレを利用する迷惑と、

 

時折そうした施設で処理をさせてもらうのとを計りにかけて
どちらを選ぶかですね。
処理が終わったタンクは、消臭剤を入れておくことを忘れずに。