キャンピングカー トイレ 消臭剤

スポンサーリンク

キャンピングカー トイレ 消臭剤

 

キャンピングカーにおけるトイレの消臭剤を、甘く見てはいけません。
まずキャンプをする季節を考えればすぐわかりますが、大抵が行楽地が賑やかになる季節、つまりは夏場です。

 

少し汚い話で恐縮ですが、真夏のあまり使われていない公衆トイレを想像してもらえれば、あの強烈な汚物腐敗臭を積んで走っているといっても過言ではない状況になります。
現代では、よほどの過疎地でもない限りは水洗トイレは普及していますので、それこそそうした臭いを嗅いでしまうケースは少ないのですが、キャンピングカーでは汚物処理をする瞬間に体験する羽目になります。

 

消臭剤と汚物の分解で消臭するタイプがあり、多くはキャンピングカー販売店や通販で購入出来ます。
基本的に薬剤の臭いがどうしても強いのが特徴ですね。
一般的な家庭用消臭剤は、キャンピングカーのトイレの猛烈な悪臭の前には無力です。
汚物の臭いと色を変えてしまうので、よく使われているもので有名なのは、アクアケムシリーズですね。
確かに臭いは消えるし、汚物も汚物らしくなくなるのでいいのですが、薬剤の臭いはそれなりに強いです。

 

 

洗浄タンクにはアクアリンスというピンク色の液剤も消臭剤で使われます。
この洗浄液に裏技として、自動車のウィンドウォッシャー液を併用する方もいらっしゃいます。
メタノールと界面活性剤が主成分なので、洗浄効果はあるようです。

 

他には業務用にはなりますが、建設現場の仮設トイレ用消臭液も、かなり実用的な効果があります。
悪臭を芳香でごまかすタイプではないので、化学反応で無臭化するのでおすすめですね。
100倍位に希釈して使用しますので、コストパフォーマンスが高いです。
ポータブルトイレ用は、キャンピングカー用品と介護用品の両方で製品が選べます。
水量的にあまり大量に使えないので、分解するタイプの消臭液とフォームタイプの、泡で表面を覆って消臭するタイプなどがおすすめですね。

 

それとカセット式では、ハッチ周辺の臭い対策も重要。
なにせ車外に付いていますから、腐敗臭もものすごく、吐き気がするような強烈なものですので、スプレータイプの消臭剤でも芳香でごまかすタイプでは、全く歯が立ちません。
処理後は食事もできなくなる人もいるくらいなので、強力な消臭剤を用意しておいたほうが無難でしょう。

スポンサーリンク